リフォームする時に気をつけること

顧問税理士選びのポイント

どのような顧問弁護士を選べば良いのか悩んでしまう人は多いかと思います。

 

まず大規模な事務所なら問題無いのかといえば、一概にはそうだとは言えません。不明なところがある場合は大田区の税理士が助けになります。

 

そのような事務所は、多くの顧問先を抱えているので、
税理士自身がやってきて話をすることはまずありません。不確かな点がある場合は税理士の事業承継がお力になります。

 

担当の事務員が付いて、その人とやり取りをすることになるので、
ほとんど税理士と接触出来ないという現実が待っています。不明確な点がある場合は大田区の記帳代行へ足をお運びください。

 

 

一方で、規模の小さい事務所の場合は、税理士が来てくれることがほとんどです。ご相談する際には税理士の相続へ来て見てください。

 

そうでなかったとしても、事務所の顧問先が少なければ、税理士との距離感は短く感じられます。

 

ですが小さい事務所の方が良いかと言えば、そう単純な話でもありません。
規模の大きな事務所の事務員は実務に関しては、税理士よりも経験豊かで詳しいことが多く、
様々な問題に対しての解決能力は、下手な税理士よりも高かったりします。
顧問先からの質問は実務的で簡単なものが多く、専門知識より経験がものを言うためです。
よく知らない点がある場合は税理士の開業がおススメです。

 

 

大規模事務所と小規模事務所のどちらが正解なのかは、
その事業内容や規模にも依りますが、
問題解決能力が何より重要だと知っておくべきです。